2013年度のキンカオマイ(新米祭り)

2013年新米祭り
本日はチェンライアカ教会にて
キンカオマイ(新しい米を食べる祭り)=新米祭り礼拝がありました。
いわゆる、収穫を感謝する日で、農業に日々携わっているアカ族の人々に
とってはとても大事なお祭り(礼拝)です。
いつもより多くの人々がこの特別礼拝に集まり、賑わっていました。

2013年新米祭り捧げもの
ステージに捧げられた野菜や果物は相変わらずゴージャスでした。
ニワトリもいましたが、今日は静かでした。
この捧げものは礼拝後にオークションにかけられ、
売り上げはすべて献金になります。
今日はドイチャン村の教会の牧師さんのメッセージでしたが、
聖書箇所は汽汽爛┘覽15:22で、
「神様に従うことは捧げ物よりも優先されなければならず、
聖書の御言葉に聞くことはどんな捧げ物にも勝る」
また、創世記の4章のカインとアベルの話で、
「最良のものを神様への捧げものとする」ということ、
神様は「捧げる心のあり方」を見られるといった内容でした。
アカ語はわからなかったのですが、
ユースパスターのアトゥさんにタイ語に通訳してもらいました。

2013年新米祭りオークション献金
礼拝が終わると、、
パッキュー村のアゴー牧師がマイクをとり競り人に、、
賑やかにオークションが始まりました。
ステージに積まれていた捧げものもあっという間に競り落とされていきます。。
今回は我々もタイミングが掴めず、収穫はなかったのですが、
楽しい一時を過ごすことができ感謝でした。

JUGEMテーマ:タイ
"門よ あけ"ミニストリー | 自立支援 | 18:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

教会に贈られた一つの絵

教会の絵
今週、一つの絵が贈られ、教会の扉の外に飾られました。
この教会の絵です。ある日本のクリスチャンの方が描かれた絵ですが、実に見事です。
この方の教会は、チェンライアカ教会の若手牧師の生活費を
サポートして下さっています。
それだけに描かれた絵は本当に心がこもっているなと感じました。
アカ族の若者たちが教会の外で楽しそうに話している。
息子が思わず「これ、Nちゃんに似てない?」「これはAちゃんかな?」
なんて言うくらい、表情がすごくリアルなんです。
彼らはどんなことを話しているんでしょう?
昨日食べたご飯?好きな歌手?
それとも、将来の夢?教会のビジョン?
彼ら自身の成長と、教会の成長に伴って、
きっと話題も変わって行くのでしょうかね。
教会3F
あまりよく見えませんが、三階の窓から息子が手を振ってます。
「気を付けてな〜」

JUGEMテーマ:タイ
"門よ あけ"ミニストリー | 自立支援 | 15:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ACYで再出発

ACY2013
本日はACY(アカクリスチャンユース)という年一回のアカ族の
ユースのためのキャンプに顔を出して来ました。
今年は去年より人数が多く500名以上も集まったそうです。
賛美あり、メッセージあり、踊りや劇など楽しいイベント盛り沢山です。
pee@ACY
私達がサポートしているピーくんも来ていました。
彼は最近、進路を決める際、色々悩み、やっぱり聖書ではなく、
ビジネスの方向に行きたいという迷いがあり、心の旅をしていたので、
私達も彼をそっとして見守っていたのですが、、
どうやら、この集会に出て、もう一度神様に「聖書を勉強すること」
を示され、神様の用意された道に従って行きたいと悔い改め、
心を新たに再出発することが出来たこと、本当に感謝でした。
 
JUGEMテーマ:タイ
"門よ あけ"ミニストリー | 自立支援 | 22:02 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ワッキー夫妻@チェンライ教会 (その2)

ワッキー&八重子さん
さて、CSの奉仕を終え、二階の大人の礼拝へ。
やはり、講壇に呼ばれてしまった神学生ご夫婦、さて、どうしましょう。
さすが、慣れたもので2曲ほど、二人の巧みなギターとピアノ、
そして、美しいデュエットでの賛美は素晴らしく、会衆もびっくり!
父なる神様の御手と大きな愛をテーマに歌ってくださいました。

今日の昼食
礼拝後は学生の寮にて食事を頂きました。
これはちょっと辛いのですが、チェンライで有名な麺料理の一つです。
「ナムニヤオ」といって、ドッニウという花のめしべが入っています。
最初、コオロギかなにか昆虫かなと恐る恐る食べていましたが、
後で花だと聞いて安心したものです。どんなものでも感謝ですね!
今でも飢餓に苦しんでる中東の子供たちのことを思うと
残すなんてトンでもないです。

アイスクリーム屋
デザートは、、
今日も寮にアイスクリーム屋さんが来ていました。
前回は教会に来ている小さい子供にねだられ買ってあげましたが、
今日はなんと寮の子に「ハッピーバスデー!」と、突然アイスクリームを
プレゼントされ、とてもびっくりでした。(笑)

JUGEMテーマ:タイ
"門よ あけ"ミニストリー | 自立支援 | 16:35 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ワッキー夫妻@チェンライ教会 (その1)

CS1
今日はアカ・キッズCSに特別ゲストです。
神学生のワッキーご夫妻、何をしてくれるんでしょう?
言葉の壁はありますが、何としてでも、神様の愛を伝えたいというお二人。

CS2
音楽は素晴らしいコミュニケーションツールです。
ギターが堪能なワッキーさん、まずは簡単な日本語の賛美を一曲、
子供達に教えます。「主は素晴らしい」という曲です。
その曲を子供たちに覚えてもらうと、さあ、ゲームです!

CS3
「じゃんけん列車」というゲームですが、これは、アカ・キッズにも大受け。
歌が始まると、みんな歩きだします。
そして、歌が終わると、お互いじゃん拳するのです。
負けた人は勝った人の後ろにくっつきます。
最終的には、蛇のように一列になっておしまいです。
みんな、神様の愛によって、お互い切磋琢磨し合い、
最後にはみんながキリストにあって一つになる。
そんな教会になってほしいですね。

JUGEMテーマ:タイ
"門よ あけ"ミニストリー | 自立支援 | 15:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ひろえ先生の日本語教室@NL

02廣恵先生の日本語クラス@NL
毎週金曜の朝、廣恵先生はチェンライのとある女子シェルターにて
日本語を教えています。みんなティーンの子たちですが、
事情があって昼間、学校に通うことができていません。
この施設では、学校に行けないかわりに、彼女たちがさまざまなクラスや
職業トレーニングに参加できるように、私達のようなボランティアが
入れ替わりで教師として活動しています。
01廣恵先生の日本語クラス@NL
みんなとても熱心で、日本語の勉強が大好きです。
真ん中にいる比較的大人しいFちゃんですが、授業以外の時間にも
日本語の単語を一生懸命覚えようとしている後ろ姿を見かけ、
とても感動しました。教師として、やはり必死に頑張ってくれる子は
教え甲斐があり、可愛いものですね。
授業の後は、彼女たちが料理してくれる昼食を一緒に頂きますが、
とてもアロイです!(タイ語でおいしいの意味)
彼女たちの料理の腕もここで磨いたのだと思いますが、本当に大したものです。
今度、廣恵先生の日本料理教室もやってくださいという声もあがっていますが、
こちらは日本の食材が高いし、、どうした良いものやら、、
安くておいしいメニューが考えつきますように是非お祈り下さい。

JUGEMテーマ:タイ
"門よ あけ"ミニストリー | 自立支援 | 21:32 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |

アカ語の賛美歌制作会議

アトゥーさんと会議1
今日は音楽会議です。
音楽好きなユースパスターのアトゥー先生も真剣です。
アカ語の賛美歌の本は既に出版されているのですが、音としての録音物は
まだありません。現在200以上の曲がありますが、それを手がけようと
奮闘中です。MIDIで楽曲のオケを制作して、歌を録音していきます。
今回、そのためMIDIインターファイスを献品しました。
アトゥーさんと会議2
なぜ、音楽メディアにする必要があるのか?
アカ族の人たちは、メロディーの文化で、リズム感覚がないのです。
教会で歌われている3拍子のはずのアメージンググレイスですが、
いきなり2拍子になったり、また戻ったりするわけです。。
結果、みんなズレて2番を歌い始めたり、オルガンの伴奏も合ってないし、、
という具合で頭を抱えていました。
みんなに正しいリズムを覚えてもらう必要があると深く感じ、
シンプルでもいいので、ガイドラインとなるよう音に作ろう
という話しになったのです。
これから大変な作業になると思いますが、守られるよう是非お祈り下さい。

JUGEMテーマ:音楽
"門よ あけ"ミニストリー | 自立支援 | 17:55 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

中国語クラス@NL

中国語教室1
毎週火曜日の夜は山岳民族のシェルターにて中国語を教えています。
アカ族、ラフ族、モン族の子供たちがいます。昼間学校に行っている子も
行っていない子も一緒に学んでいます。
中には既に山の村で勉強していたことがあって、上手な子も結構いますが、
他の初級レベルの女の子たちと一緒に楽しそうに勉強しています。
中国語教室2
台湾仕込みの中国語で、繁体字を学んで来た私も、ここでは簡体字で
教えなければならず、結構たじたじの時もありますが、何とか頑張っています。。
チェンライは中国語ができるととても便利なところです。
村などでタイ語を使うかわりに中国語をしゃべってみると、
何人もしゃべれる人がでてきたりします。
それだけ、チェンライは華人が多いということです。
私が教えている彼らも、必要に迫られて中国語を習得していくのでしょう。
日本は島国ということもあり、昔から外国に対して比較的閉鎖的なので、
他言語を学ばなければならないという危機感もそんなにないし、
日本語だけしゃべっていればいい社会なので、学ぶ必要もありませんでしたが、
これから国際化がどんどん進む中、そうも言っていられなくなりました。
周りの国の人たちともっと上手にコミュニケーションをとるためにも、
お互いの民族、文化、習慣、考え方や立場を理解できるようになるためにも、
他言語をもっと学んでいくべきではないかと思います。

JUGEMテーマ:タイ
"門よ あけ"ミニストリー | 自立支援 | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

アカ教会の崖の埋め立て

教会の土1
さて、ここはチェンライ・アカ教会の横にある土地です。
この教会は高台にあるのですが、横がちょうど崖になっていて、
洪水になると、崩れていってしまうので、以前、崖下に塀を作って、
隣の人の土地に流れて行かないよう策を講じました。
今回、更に崖を広げて教会の土地をもっと使いやすくしようということで、
土を購入、埋め立て作業を行いました。
教会の土2
3トントラック70台分で、2万1000バーツでした。
土の値段が安かったということもあり、
突然持ちかけられた話だったので、少々戸惑いましたが、
私達、モンヨアケ・ミニストリーから半額(約3万5千円)
献金させて頂くことになりました。
必要が満たされるよう是非お祈り下さい。

JUGEMテーマ:タイ
"門よ あけ"ミニストリー | 自立支援 | 19:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

日本からのリトル・ティーチャー

さて、今年度もチェンライ・アカ教会にて日本語のクラスが始まりました。
すでに三周目に入りましたが、 みなさん頑張っています。
将来、彼らはきっとアカ族と日本の良き架け橋となってくれるでしょう。
日本語の先生主恩2
今日はなんと主恩くんが発音の補助で先生をやってくれましたが、
とっても好評でした!お陰で私もずっと声を張り上げていることもなく、
サバ〜イ、サバ〜イ(リラックスの意味)。一時、楽をさせて頂きました。
日本語の先生主恩1
後ろ姿もなんだか様になってます。だんだん先生っぽくなってきましたね。
どうやら、教えることが好きなようで、賜物が芽生え始めているのかな?
主恩くんも将来は宣教師になりたいと言っています。是非お祈り下さい。

JUGEMテーマ:タイ
"門よ あけ"ミニストリー | 自立支援 | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
1/6PAGES | >> |

12
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--