ミャンマーバボ村アカ族の子供支援、コーヒー栽培自立支援について 〜2020年度支援概要ビデオ〜

支援者募集中です。コロナで不景気の中、私たちも大変ですが、彼らも同じように支援を必要としています。

心ある方、是非ご連絡ください。

 

JUGEMテーマ:ミャンマー

"門よ あけ"ミニストリー | 北タイ宣教報告 | 20:30 | comments(0) | - | - | - |

NLFCチームとアカ族の山の教会へ(ミッショントリップ3-4日目)

日曜日の朝はACTチェンライにて礼拝、そして午後はMIGIWAキッズのちからとエステル出身のホイヤノ村へ。最終日はドイチャン村のAbonzoカフェへ!

 

JUGEMテーマ:タイ

"門よ あけ"ミニストリー | 北タイ宣教報告 | 23:37 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

NLFC+MIGIWAキッズと行く、いざラフ族の村へ!(ミッショントリップ2日目)

NLFC(ニュー・ライフ・ファミリー・チャーチ)と行くカレン族のゾウ村、ラフ族のサンサオ村とバンマイパッタナ村。サンサオ村はMIGIWAの子供・のぞむとヨシュアの故郷!

 

JUGEMテーマ:タイ

"門よ あけ"ミニストリー | 北タイ宣教報告 | 23:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

NLFCとチェンライの町からミャンマーの国境まで(ミッショントリップ1日目)

NLFC(ニュー・ライフ・ファミリー・チャーチ)と回るチェンライ・ミッション・トリップ。MIGIWAの子供たちが通うサハサスクール、13人の子供たちが救助された洞窟、国境の町メーサイ、タチレク(ミャンマー)、悪名高いゴールデントライアングル、チェンセーン... そして、女子シェルター・ニューライフセンターへ。

 

JUGEMテーマ:タイ

"門よ あけ"ミニストリー | 北タイ宣教報告 | 23:53 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

アカチャーチ新生!

今年からアカチャーチインタイランド(ACT)の体制が変わり、
チェンライチャーチも礼拝のスタイルが変わって来ています。
主任牧師のアサイ先生とユースパスターのアトゥーさんの他に、
何人か新しくゲストスピーカーが加わり、新しい風が吹き始めています。

決心したアカ族の子供達
今日のメッセーンジャーはユースパスターのアトゥーさんでしたが、
説教時に新たな決心の問いかけを促し、それに応答して前に出て来た
若者達のために牧師さんたちが祝福の祈りをしました。
いつも大人しい牧師さん方でしたが、今日の祈りはとても力強く、
何かが変わったような気がしました。
タイのアカ族の教会では元祖、伝統的な教団なのですが、
冬も終わり、春一番、聖霊の風が吹き始めたのでしょうか。

JUGEMテーマ:タイ
"門よ あけ"ミニストリー | 北タイ宣教報告 | 19:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

プレイズ&ワーシップのレクチャー

GCI
本日はM国のT市の教会にてGCIという聖書の短期訓練コースがありました。
午前はマレーシアのスタンレー牧師が「祈り」についてのレクチャーでした。
去年も同じ場所でお会いしたのですが、今年もパワフルに語って下さいました。

GCI食事
昼食は御馳走で、本当はもっと食べたかったのですが、
午後のレクチャーで眠くなるとまずいので、
軽めにしました。。

GCIレクチャー
午後は「プレイズ&ワーシップ」と題して
英語で初のレクチャーを経験させて頂きました。
何しろ昼食後なので、会衆が眠くならないように工夫し、
合間にピアノの弾き語りで賛美も何曲か交えました。
家内が寝ないで作ってくれたPPTも、私の足りない英語をカバーし、
本当に助かりました。
時間の短縮などもあり、ちょっと冷や汗もんでしたが、
無事、時間通り終わりほっとしました。
「リーダーシップ」を教えたアルバート先生に聞いた話では
会衆の反応は悪くなかったようだったので、感謝でした。
 
JUGEMテーマ:ニュース
"門よ あけ"ミニストリー | 北タイ宣教報告 | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

教会と共に成長するマタコ

チェンライ教会入会式
本日は6月最後の礼拝でしたが、入会式が行われました。
7人のアカ族の方々がこのチェンライ教会に入会されました。
教会に集う仲間が増えるというのはうれしいことで、感謝なことですね。
チェンライ教会CS
一階で行われている教会学校に集う子供たちもやはり増えています。
(安いタブレットで撮っているので画像が汚いですが。。)
彼らが正しい聖書の知識を学び、成長して行くことができるよう
是非お祈り下さい。
甘い木の実
礼拝後、教会の前にあるアカ語で「マタコ」という木の実をアカ族の婦人に
取ってもらい、一口かじってみましたが、なんと、、とっても甘〜く、
ヨクミャ〜!(アカ語で美味しいの意味)
アカ教会は人々だけでなく、木の実も成長しているようです。アーメン!

JUGEMテーマ:タイ
"門よ あけ"ミニストリー | 北タイ宣教報告 | 16:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

何だか懐かしいPeace Cafeのフェローシップにて

peace_cafe2
今週の日曜日は朝からチェンライ・アカ教会へ
そして、午後からはヒラヤマ・チャーチ(自宅)にて日本語礼拝でした。
今日から日本語礼拝に正式に加わって下さったIさんの紹介で、
メーファーラン大学の近くにあるクリスチャンのカフェにて
夜5時半からのフェローシップに参加することができました。
…と言っても、タイなので、時間通りには始まりませんが、、、
1Fのカフェにてお菓子を食べながら待つことに。
始まったのは、6時過ぎでした。。
2Fにあるこの長細い集会所、メンバーのリラックスした雰囲気は、、!
正に、以前の私達のオレンジ・カフェ・チャーチを彷彿とさせ、
何だか懐かしくなってしまいました。 ;>O<;
peace_cafe1
牧会するのはアメリカ人とタイ人のカップルで、
奥さんのUさんがタイ語でメッセージし、ご主人が英語に通訳していました。
このカフェをオープンして、7年だそうです。
メーファーラン大の学生とYWAMのstudentがメインで構成されていますが、
入学、卒業などで、メンバーの移動、入れ替わりが多いそうで、
なかなかメンバーが定着しないのが大変なようです。是非お祈り下さい。
私達の日本語フェローシップも、このようなスペースが与えられるようお祈り下さい。

JUGEMテーマ:タイ
"門よ あけ"ミニストリー | 北タイ宣教報告 | 23:12 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

アカ・ラジオ局のスタジオを訪問

Akha_Radio_Station1
今日はチェンライの町から北に10キロ弱離れた村にあるアカ語のスタジオを
訪ねることができました。
北タイ地域に住んでいるアカ族に対し、アカ語による聖書のメッセージや
アカ語の賛美歌などを制作し、短波ラジオ(SW)にて放送しています。
北タイ、ミャンマーやラオスのアカ族の村を訪れ、短波ラジオ機器を無料で
配布し、また、手紙や電話によるホットラインで人生相談も行っているそうです。
アカ語が完璧なシンガポールから派遣されたインド人宣教師と、
アカ族の若きスタジオ・エンジニア牧師がこのプロジェクトを進めています。
Akha_Radio_Station3
北タイ地域に住むアカ族は、ミャンマー、ラオスも含め人口約50万人以上、
また、中国やベトナムのハニアカが更に150万人もいる偉大な民族なのです。
地図のピンが刺さっている地域には視聴者がいることを表しています。
本来視聴者が一番多いはずの中国にはまだピンが4本しか刺さっていません。
エンジニアで牧師でもあるAさんに尋ねたところ、中国のアカハニの村には
まだ訪問できておらず、ラジオ機器も届けられていないからだそうです。
現在、ラジオ機器はもうほとんど配り終わってしまいストックがないようです。
国境の町メーサイで一台150バーツ(約500円)で購入できるようですが、
今後の必要が満たされますようお祈り下さい。
Akha_Radio_Station2
手作りのスタジオは設備も合わせてなんと約6万バーツ
(約20万円)ほどで完成させてしまったといいます。
マイスタジオが、喉から手が出るほど欲しくて欲しくて
たまらない私にとっては、非常に魅力的でしたが、
スタジオの設備に関しては、私もつい音楽バカの血が騒いでしまい、
音質改善の為だと、色々と口を出してしまいました。。
焦らず良きサポートができるようお祈り下さい。

JUGEMテーマ:タイ
"門よ あけ"ミニストリー | 北タイ宣教報告 | 22:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

アジャン・イップン

with Pastor Yoshida
「アジャン・イップン」とは、タイ語で「日本の先生」という意味です。
今夜はアジア・アウトリーチの吉田先生と夕食をご一緒させて頂きました。
息子の大好きな屋台のステーキ屋さんです。
先生は昔、香港のチャーチ・オン・ザ・ロックで牧師をしておられた時から
平山家とお付き合いがあり、今でも色々とお世話になっております。
今回も宣教師の先輩として色々とアドバイス、ご鞭撻頂き感謝でした。
この後、ドイチャンコーヒーに場所を変えて、アカ族のピーくんも交え、
進路指導(?!)ならぬ有意義な時間も持てました。
「将来もしかしたら、神学校でピーくんの先生になるかもしれないんだよ」
なんて話しながら、色々な貴重な話しができたこと、感謝でした。
本日M国でのレクチャーを終え、先生本当にお疲れの中、
しかも、明日もタイ教会で説教を控えていたにも関わらず、
私たちが連れ回してしまったのですが、、
快く色々と相談に乗って下さり、本当に頭がさがる思いでした。
コップン・プラッチャウ!

JUGEMテーマ:タイ
"門よ あけ"ミニストリー | 北タイ宣教報告 | 23:00 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
1/2PAGES | >> |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
北タイ少数民族自立支援
Chiang Rai MIGIWA Foundation
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH