私たちミニストリーの友人、協力者パート

今回は、私たちの良き友人であり、ミニストリーの協力者でもあるもう一人のチェンライみぎわファンデーションの役員の方を紹介したいと思います。

ナラさんです。彼女もタイのアカ族で、この方もまた神様の本当に不思議な導きにより出会った大事な人です。

nara_aru_teru
アカ・コテージ(カフェ)にてミーティング 2017年9月1日

左から、パットさん、輝明、ナラさん 

 

後で知った出来事なのですが、なんとナラさんもドイチャン村出身で、実はパットさんのいとこだったのです、、!

しかも、昔よくお世話をした弟分だったようでびっくりしました。。

 

ナラさんは、私がチェンライに来たばかりの約5年前(2013年)から言語、音楽教授のボランティアで関わっているニューライフセンター(チェンライ支部)という女子シェルターで、2年前(2016年)から代表を務めています。

実は、私たちのファンデーション設立の話は4年前から始まっていて、役員になってもらうお願いをニューライフセンターの前代表のボンさんにしていたのですが、二年前、家族でフランスに移住することが決まり、後任のナラさんを紹介されたのがきっかけでした。

 

teach_chinese@nlc

ニューライフセンターで中国語を教える輝明 2013年7月

 

hiroe_teach_JP

ニューライフセンターで日本語を教える廣恵先生 2013年8月 

 

teach_piano@nlc

ニューライフセンターでキーボードを教える輝明 2017年11月

 

nlc_bon

ボンさん(左)にクリスマスプレゼントを贈呈される輝明 2014年12月

 

2年前の当時ナラさんにお会いした時は、彼女にとって人生の山場の時でした。ナラさんは以前アカ・アウトリーチ・ファンデーションというところでアカ族の有名な牧師の右腕としてバリバリ働いていましたが、結婚して一年、旦那さんが新居を建ててくれて、15年働いたアカ・アウトリーチも辞め、さあこれから一緒に住もうという時に、旦那さんが電気工事の事故死という惨事に遭ってしまったのです。現場が、あいにく私たちの支援するアカ教会のリーダーの婦人が経営するアカ・レストランで、、またその婦人はニューライフセンター初代の前リーダーという、、全くの偶然とは思えないような出来事でした。
愛する人を亡くした数か月後、そんな痛たましい中、ボンさんの紹介とは言え、初めてお会いするそんな状況のナラさんに突然こんな重い話を頼めるものなのかと恐る恐る、ナラさんにお願いしてみたのですが、、彼女は嫌な顔一つせず、快く引き受けてくださったのです!こんな時、誰だって極力何もしたくないし、知らない人間だったら断るのが普通だと思うのですが、彼女は「今、神様が私に色々な新しいことさせようと機会を与えてくださっているのでチャレンジしてみたい」と語ってくださり、真の信仰を見た気がしました。

ナラさんは、数少ないアカ族の神学修士(M.div)所持者で、アカ・アウトリーチ神学校にて10年以上教鞭を執っていた経歴があります。また、英語も堪能で、コミュニケーション能力が非常に高く、本当にいつも助かっています。

また、音楽の賜物があり、バグパイプ奏者、また、ミラルミッショナリークワイアーのメンバーでもあります。

そんなナラさんにチェンライみぎわファンデーションの代表理事(President)になって頂いたのです。

 

nara_manao_teru

財団の銀行口座を開設時に。左からスタッフのマナオさん、代表ナラさん、そして輝明

 

nara_seishokirisuto

聖書キリスト教会のミッションチーム、ニューライフセンターを訪問。

右から豊さん、トッド宣教師、ナラさん、キャシー牧師、薫子さん、尾山清仁牧師

 

本当に出会いって不思議です。神様の導き、偶然ではありませんね。ハレルヤ。

 

"門よ あけ"ミニストリー | チェンライみぎわファンデーション | 04:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

私たちミニストリーの友人、協力者パート

今日は私たちの良き友人であり、協力者でもあるチェンライみぎわファンデーションの役員を紹介したいと思います。

まずは、アールさん。彼はタイのアカ族です。英語名はパトリック、略称パットさんです。

今振り返ると、彼との出会いも不思議な神様の導きだったと思います。

2014_aru@nicecafe

 

2014年1月、香港帰郷からのチェンライに戻る際バンコクへ立ち寄り、廣恵宣教師はタイ聖書福音教会で説教奉仕を終え、

森本憲夫宣教師ご夫妻が奉仕している場所(CEFバンコク本部)に初めて訪ねたことがありました。

CEFはChild Evangelism Fellowshipの略で、子供たちに福音を教え、現地の教会に関わっていくように励ましていくことをビジョンとするNPOです。

 

先生ご夫妻との出会いは2003年オーストラリア・シドニー留学時にさかのぼり、廣恵(当時神学生)は妊娠し半年で神学校を中退、日本人教会関係のアパート(以前荒川牧師在住)に住んでいたのですが、森本先生が療養休暇で一週間ほど同居することになり、経験のない駆け出し神学生の私たちを励まして下さったのを今でも覚えています。そして10年ぶりの再会を果たし、積もる話と、50年以上のタイでの宣教活動の経緯(先生は数少ないタイ永住権所有者です。プミポン王直々贈呈だとか)、また、様々な経験話をお聞きすることができ勉強になり感謝でした!

 

201401hiroe@thaiseishofukuinchurch 
タイ聖書福音教会で奉仕する廣恵宣教師

 

201401_morimoto
バンコク森本先生宅にて

 

2014shuon@bkCEF
主恩、バンコクCEFにて

 

また、森本先生とのお話の中で、私たちの孤児院のビジョン、山の子供たちへの教育などにも触れ、チェンライにもCEFがあるので是非行ってみたらどうかということもお聞きしていたので、チェンライに戻ったら早速訪ねてみたのですが、そこで出会ったのが、CEFチェンライ支部代表のゴンさんでした。

ゴンさんに私たちの孤児院のビジョンを話すうちに、アカ族の友人の村に孤児たちがいるので是非一緒に行ってみましょうということになり、当日スマートな4WD車で迎えに来たゴンさんの友人とドイチャン村にいくことになったのです。

その友人というのが、パットさんだった訳です。

 

2014_aru_gon
2014年1月 ドイチャン村のレストランにて。右からパットさん、ゴンさん、輝明、高田伝道師

 

驚いたことにパットさんは中国語も英語もしゃべれる人で、タイ語のコミュニケーション能力が不足していた私たちにとっては、非常に助かる存在でした。

また、彼の村でのコーヒービジネス、コミュニティセンターを通しての自民族支援のビジョンを聞き、共鳴しました。

彼は貧しい山の家庭で生まれ育ち、12歳で家を出て働かなければなりませんでしたが、働きながらも学校に通いタイ語、中国語を身につけました。

その後、アメリカ人宣教師を通して聖書を学び、イエスキリストに出会い、ついには宣教師の援助を得てバンコクの神学校(Mdiv)まで卒業し、4年間牧師を務めていました。

しかし、ある日神様から示され、故郷の村に帰って産業を興し、同民族を助けたいという思いが与えられ、故父の名に因んでAbonzoというコーヒーメーカーを立ち上げたのです。

父は一生の間、同じようにコーヒー農場で必死に働いていましたが、最期は結局労働力を搾取されただけで、何も得ずに亡くなっていったとパットさんは嘆いていました。

 

そんな彼が、農場で貧しいアカ族を働かせ、また、特にIDのない貧しい孤児たちも実際助けている姿を目の当たりにし、感動いたしました。

 

2014aru@doichan
パットがカウンセリングをしている小学校前にて

 

2014aru_orphans
ミャンマーからのアカ族孤児の面倒を見るパット

 

現在、彼はAbonzoコーヒーというコーヒーメーカー兼カフェを立ち上げ、アカ族の美味しいコーヒーブランドメーカーとして有名になりつつありますが、

日本、アメリカなど海外にも輸出し、今後も更に期待できます。

 → https://www.facebook.com/AbonzoCoffeeDoiChang/

 

そんな神様の導きもあってか、きっと今後も協力し合って何かできるのではと思い、彼に「チェンライみぎわファンデーションの」役員(会計係)になってもらったという訳です。

 

私たちの母教会の聖書キリスト教会、また、のちパットを紹介した友人の新門宣教師(カリスチャペル)などもAbonzoを支援しています。

 

 

JUGEMテーマ:タイ

"門よ あけ"ミニストリー | チェンライみぎわファンデーション | 12:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

チェンライみぎわファンデーション設立

北タイ・チェンライに来て5年目にして、NPO財団チェンライみぎわファンデーションを設立することになりました。

主な働きとしては、山岳民族の孤児たちの養護施設で、その他にも、言語、音楽教育、文化交流、奨学金などのプロジェクトがあります。

migiwa_board
 

英語の授業後のワンショット。現在、うちの息子も含めると7人の子供達、ケアギバーの女性が一人住み込んでいます。

migiwa_everybody
 

オフィスの中で会議中。右からアカ族の牧師でもあるアトゥ氏、輝明、廣恵になります。

migiwa_mtg
 

 

NPO設立半年ですが、まだまだ多くの必要があります。

皆様のお祈りとサポートを必要としています。

今後ともどうぞよろしくお願い致します。

 

 

JUGEMテーマ:タイ

"門よ あけ"ミニストリー | チェンライみぎわファンデーション | 00:58 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
1/1PAGES | |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS