<< チェンライにて中国語教室 | top | 次はバーウォー村での新米祭り >>

センスー村の教会にて新米祭り

センスー村の新米祭り1
センスー村はメーサロン近くにあるアカ族の村です。
この村からはピー君を含め3人の里子がいます。
このアカ教会のアトゥー牧師は、中国の雲南省から移って来たハニ族です。
ハニ族とは中国でいうアカ族のことなので、言語は同じです。
アトゥー牧師はアカ語が分からない私たちの通訳をしてくれています。
義明宣教師や私が、中国語で話すとアカ語に通訳して下さいます。
この地区は華人(国民党の子孫)を含め、中国語が通じる少数民族が多く
住んでおり、中国語が便利です。また、村に住むアカ族の人々はアカ語が
母語なので、私たちが片言のタイ語で直接彼らに話すのもいいのですが、
タイ語があまりできない彼らには、中国語で話したほうが分かる場合も多いです。
勿論アカ語に訳してもらって、よりよく伝えることができるのだと思います。

センスー村のアカ教会は非常に活発な教会で、近々裏に集会場を増設する
計画があります。
今回モンヨアケミニストリーから、そのために一万バーツ献金させて頂きました。

センスー村の新米祭り2
礼拝後は、みんなで「新しいお米」を堪能します。
米(ご飯)は大きな葉っぱに包まれています。ちまきのようですね。
今日のアカ料理も、とても辛くて美味しかったです!
左手前の青年が日本語のできるピー君です。

センスー村の新米祭り3
食後、ピー君の家に案内して頂きました。典型的な藁葺きの家でした。
ピー君は今、コンクリートでできた里子寮に泊まっていますが、
「やっぱり家が一番落ち着きます」と話していました。
お父さんとお母さん、そして、弟がいつでも待っていてくれるからです。
お兄さんは隣の村の教会の牧師さんです。お兄さんは中国語が堪能ですが、
ピーくんは日本語の習得を目指しています。
そして、将来は宣教師になりたいという夢があります。
是非お祈りください。

JUGEMテーマ:タイ

"門よ あけ"ミニストリー | 自立支援 | 21:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

06
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS
北タイ少数民族自立支援
Chiang Rai MIGIWA Foundation
LATEST ENTRY
CATEGORY
ARCHIVE
LINKS
PROFILE
SEARCH