<< アカ・ラジオ局のスタジオを訪問 | top | シンガポールチーム@チェンライ教会 >>

チェンライに来て1年

6月のチェンライ教会3
チェンライに来てちょうど一年が経っていました。
去年の6月、最初にこの教会に足を踏み入れた日は、
言葉に表せない感動が胸に込み上げてきたのを覚えています。
私達にとって一周年ということで、
この一年どんな成長があったのか、どんな意味があったのかを
深く考えさせられます。
教会の方々やローカルの人たちと、
曾て全く意思疎通ができなかった私達ですが、
今ではタイ語でコミュニケーションが随分取れるようになり、
だんだんと彼らの世界が見えてきました。
今年からはアカ語の勉強も始めることができ、
主にある仲間として、少しでも彼らの文化を理解できればと考えています。
6月のチェンライ教会1
今考えれば感謝なことに、去年、祈っていたメインスピーカーも与えられ、
オレンジカフェチャーチから持って来た、プロジェクター、
そして、無事サブスピーカーの取り付け工事もできました。
恐らく、アカ族のローカルの教会の中では、大理石に囲まれた最も華美で、
最先端の設備を有する教会になったかと思います。
貧富の差が激しいこのタイ社会において、
普段貧しい生活を送っているアカ族の兄弟姉妹が、
イエス・キリストを信じ、自己卑下せず、
アカ族として生まれて来たことに誇りを持ち、
胸を張って生きて行くことができるよう、今後も是非お祈り下さい。
6月のチェンライ教会2
アカ族の子供たちが賛美しています。
プロジェクターに映し出されたアカ語は、
彼らの母国語で、彼らの大切な文化、そして、
何にも替えがたい誇りなのです。

JUGEMテーマ:タイ
"門よ あけ"ミニストリー | 自立支援 | 20:28 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
RECENT COMMENT
MOBILE
qrcode
OTHERS