<< 2013年度アカ語教室スタート | top | チェンライに来て1年 >>

アカ・ラジオ局のスタジオを訪問

Akha_Radio_Station1
今日はチェンライの町から北に10キロ弱離れた村にあるアカ語のスタジオを
訪ねることができました。
北タイ地域に住んでいるアカ族に対し、アカ語による聖書のメッセージや
アカ語の賛美歌などを制作し、短波ラジオ(SW)にて放送しています。
北タイ、ミャンマーやラオスのアカ族の村を訪れ、短波ラジオ機器を無料で
配布し、また、手紙や電話によるホットラインで人生相談も行っているそうです。
アカ語が完璧なシンガポールから派遣されたインド人宣教師と、
アカ族の若きスタジオ・エンジニア牧師がこのプロジェクトを進めています。
Akha_Radio_Station3
北タイ地域に住むアカ族は、ミャンマー、ラオスも含め人口約50万人以上、
また、中国やベトナムのハニアカが更に150万人もいる偉大な民族なのです。
地図のピンが刺さっている地域には視聴者がいることを表しています。
本来視聴者が一番多いはずの中国にはまだピンが4本しか刺さっていません。
エンジニアで牧師でもあるAさんに尋ねたところ、中国のアカハニの村には
まだ訪問できておらず、ラジオ機器も届けられていないからだそうです。
現在、ラジオ機器はもうほとんど配り終わってしまいストックがないようです。
国境の町メーサイで一台150バーツ(約500円)で購入できるようですが、
今後の必要が満たされますようお祈り下さい。
Akha_Radio_Station2
手作りのスタジオは設備も合わせてなんと約6万バーツ
(約20万円)ほどで完成させてしまったといいます。
マイスタジオが、喉から手が出るほど欲しくて欲しくて
たまらない私にとっては、非常に魅力的でしたが、
スタジオの設備に関しては、私もつい音楽バカの血が騒いでしまい、
音質改善の為だと、色々と口を出してしまいました。。
焦らず良きサポートができるようお祈り下さい。

JUGEMテーマ:タイ
"門よ あけ"ミニストリー | 北タイ宣教報告 | 22:51 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--