<< アカ教会の崖の埋め立て | top | アカ語の賛美歌制作会議 >>

中国語クラス@NL

中国語教室1
毎週火曜日の夜は山岳民族のシェルターにて中国語を教えています。
アカ族、ラフ族、モン族の子供たちがいます。昼間学校に行っている子も
行っていない子も一緒に学んでいます。
中には既に山の村で勉強していたことがあって、上手な子も結構いますが、
他の初級レベルの女の子たちと一緒に楽しそうに勉強しています。
中国語教室2
台湾仕込みの中国語で、繁体字を学んで来た私も、ここでは簡体字で
教えなければならず、結構たじたじの時もありますが、何とか頑張っています。。
チェンライは中国語ができるととても便利なところです。
村などでタイ語を使うかわりに中国語をしゃべってみると、
何人もしゃべれる人がでてきたりします。
それだけ、チェンライは華人が多いということです。
私が教えている彼らも、必要に迫られて中国語を習得していくのでしょう。
日本は島国ということもあり、昔から外国に対して比較的閉鎖的なので、
他言語を学ばなければならないという危機感もそんなにないし、
日本語だけしゃべっていればいい社会なので、学ぶ必要もありませんでしたが、
これから国際化がどんどん進む中、そうも言っていられなくなりました。
周りの国の人たちともっと上手にコミュニケーションをとるためにも、
お互いの民族、文化、習慣、考え方や立場を理解できるようになるためにも、
他言語をもっと学んでいくべきではないかと思います。

JUGEMテーマ:タイ
"門よ あけ"ミニストリー | 自立支援 | 23:49 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
Comment









Trackback
URL:

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--