アカチャーチ新生!

今年からアカチャーチインタイランド(ACT)の体制が変わり、
チェンライチャーチも礼拝のスタイルが変わって来ています。
主任牧師のアサイ先生とユースパスターのアトゥーさんの他に、
何人か新しくゲストスピーカーが加わり、新しい風が吹き始めています。

決心したアカ族の子供達
今日のメッセーンジャーはユースパスターのアトゥーさんでしたが、
説教時に新たな決心の問いかけを促し、それに応答して前に出て来た
若者達のために牧師さんたちが祝福の祈りをしました。
いつも大人しい牧師さん方でしたが、今日の祈りはとても力強く、
何かが変わったような気がしました。
タイのアカ族の教会では元祖、伝統的な教団なのですが、
冬も終わり、春一番、聖霊の風が吹き始めたのでしょうか。

JUGEMテーマ:タイ
"門よ あけ"ミニストリー | 北タイ宣教報告 | 19:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

人形劇@アジャン・テコンドーの教会

david_house_show2
今日は土曜日いつものように主恩くんは朝からテコンドーでしたが、
夕方からアジャン・テコンドー(テコンドーの先生の意)の教会にて
人形劇が行われました。やはり韓国からのクリスチャンの方で、
子供達も沢山集まり皆とても楽しそうでした。

david_house_show1
最後はおかしを貰って、みんなで記念撮影。
一番右の方が、いつもは厳しいテコンドーの先生なのですが、
今日は優しい牧師先生になっていますね。
さて、主恩くんはどこでしょう?

JUGEMテーマ:タイ
"門よ あけ"ミニストリー | チェンライ | 19:50 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

アカ族のジャズナイト!

korean_jazz_team1
今日はアカ族の子供の寮(若竹寮)にてまさかのジャズナイト。
チェンライの田舎でジャズのコンサートが聞けるなんて思いもしませんでした!
彼らは韓国から来たプロのジャズミュージシャン達です。
でも、ただのミュージシャンではなく、更にひと味違うのは、
彼らが皆クリスチャンであるということ。今回はボランティアで
タイ全土を回っていて、ここにも来てくれたのです。
いつものアカ族の演歌やポップな賛美とは全く違う音楽、
非常に新鮮でした!^O^
どちらかというとフュージョン系のアレンジで、「輝く日を仰ぐ時」、
「アメイジンググレイス」等の賛美歌をジャズアレンジで演奏したり、
korean_jazz_team2
個人的には最後の「You raise me up」がジーンと来ました。
子供達もみんなステージの彼らに釘付け、今日は彼らに子供達を
取られちゃいましたが、今夜の気分は最高でした。ハレルヤ、感謝です!
彼らはあまり英語もできず、言葉がほとんど通じないのですが、
「音楽」という言葉が、神様の「愛」や神様への「賛美」を表現し、
私達を一つにする共通語となってくれたのです。
お互い違った人種、民族や国民の壁を越え、「平和」をもたらしてくれる
そんな、音楽の力はすごいなと思いました。
そんな「音楽」すら作った神様はいったいどんなんだ。。

JUGEMテーマ:
"門よ あけ"ミニストリー | チェンライ | 23:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

Zawameki@ハウス・オブ・エターナルライト・チャーチ!

さて、本日夕方の集会が、今回はZawamekiのラストライブでした。
滝元開・典子先生ご夫妻は、早朝からタイ・ランナー・チャーチの
礼拝にて賛美のご奉仕を終え、
そして、ここハウス・オブ・エターナルライト・チャーチにて
夕方5時からの野外賛美ライブを行いました。
house_church_setting
午前のご奉仕でお疲れの先生でしたが、やはりルーフがない方が
明るくて良いということで、急遽ルーフを撤去することに。
開先生もライブ前だというのに、手を真っ黒にしてお手伝いして
下さいました。先生すみません。。でも、本当に感謝でした!
house_church_singing
そして、賛美ライブが始まりました。
賛美とメッセージを交えての楽しい一時でした!
私、輝明も音響とキーボードの奉仕に加わることができ、
楽しませて頂き感謝でした。
廣恵牧師は今回もカメラとドライバーという陰の奉仕に回りましたが、
次回は本業のメッセージの奉仕もできるよう是非お祈り下さい。
house_church_night
右から滝元開先生とミャンマー人のケンゾーさん、息子の主恩くん
賛美ライブの後の楽しい夕食の一時。
三人は仲良く何を話していたのでしょうね。
最後にご紹介、来年二月にこちらチェンマイにて、
リバイバルミッションが開かれるそうですので、是非お祈り下さい。
HPはこちら → http://www.j-revival.com
 
JUGEMテーマ:音楽
"門よ あけ"ミニストリー | チェンマイ | 23:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

チェンマイ日本語キリスト教会にて

本日はチェンマイ三日目です。
夕方の小長光宣教師のハウスチャーチにて行われる集会の為に
音響の機材や楽譜立て等をお借りする約束もさせて頂いていたので、
朝はチェンマイ日本語キリスト教会の礼拝に参加させて頂きました。
jp_church_cs
沖村先生(クルム・プアン チェンマイーヒロシマの代表)はCSの先生です。
息子の主恩くんも、他の赤ちゃん達と前列にて、
クリスマスのお話を聞き、子供のクリスマスソングを歌いました。
私達も久々に日本語のメッセージや賛美歌を聞き、
とても新鮮な気持ちになりました。
アドベントキャンドルが二つ灯り、クリスマスが近づく喜びを
ひしひしと感じさせられ感謝です。
jp_church_goto
聖書朗読の時間です。朗読者はなんと、、
以前私達が日本で牧会していたオレンジカフェチャーチにも
訪れていたこともあったGさんでした。
普段は韓国にご在住ですが、今年はご主人の研究年ということで
半年ほどチェンマイにいらしています。
こちらでも、教会で熱心にご奉仕されているようで感謝です。
jp_church_pastor
こちらは、当教会の牧師の野尻先生です。
今日のメッセージは、
クリスマスの歴史的事実がどれだけ信頼性があるのか、
聖書の写本が他の歴史書の写本と比較して、
5000以上と圧倒的に多く現存し、
原本と写本の間の年数が25年と最も短く、
新約聖書に記されているクリスマスの事実が、
単なるおとぎ話ではないという確信と共に
救い主が私達平凡な人間の為に生まれて下さったという
クリスマスの喜びを噛みしめ、
感謝と信仰を以って歩んで行きましょう。
…というような内容だったと思います、ハレルヤ。

JUGEMテーマ:タイ
"門よ あけ"ミニストリー | チェンマイ | 14:31 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
1/22PAGES | >> |

08
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--