とあるチェンライの夜

今晩の食事はナイトバザールにて、今回ラフ族の集会で奉仕でいらしていた
井上先生ご夫妻に御馳走になってしまいました。
つい先週チェンライ北部でラフ族の麻薬の運び屋と警察の打ち合い事件が
あったばかりです。また毎日のように少数民族が麻薬で摘発されています。
元ヤクザの経歴を持つ牧師先生ですが、麻薬撲滅運動にも関わっています。
とても良いタイミングで来られたこと、神様に感謝です。
井上先生と
食後は家にてレゴ作りでリラックス。日本から持って来た大事な宝物です。
平山義明宣教師と孫の主恩くん、普段は香港とタイで離ればなれですが、
今夜は心置きなくレゴで一緒に遊びます。
一時はイエイエ(おじいちゃん)が遊んでくれないと拗ねていた主恩くん、
やっと孫のご機嫌をとりもどしたイエイエも一安心です。
イエイエ来タイ
さあ、レゴで町づくりです。どんな町ができるか楽しみです。
ところで、アカ族の教会を建てた義明宣教師でしたが、、
なんとレゴでも教会を作っていました、、それもお見事!
主恩くんも大喜びです。短気で怒りっぽいイエイエだけど、
いつでもどこでも、遊んでいるときでさえ、教会を建てることを考えている
宣教師スピリットには脱帽です。
レゴの教会
JUGEMテーマ:タイ

"門よ あけ"ミニストリー | チェンライ | 23:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ピーくんと食事&ピアノ

今日はアカ族の青年ピーくんと家で食事をしました。
日本からいらしたお客さんが持って来て下さった納豆を一緒に食べましたが、
美味しかったようです。彼の話ではアカ族も納豆を食べる習慣があるとのこと。
ちなみに彼はファラン(西洋)の料理は駄目なのだそうです。
日本料理は口に合うようで、日本に行っても一先ず食生活は大丈夫そうですね。
ピークンと納豆
食後はピアノを教えました。
なかなか音楽のセンスがある青年で、笛とハーモニカが得意です。
そのうちピアノも抜かされそう、、(汗)
私もがんばらねば、、
ところで、ピアノの鍵盤が数カ所戻ってこなくなり、、是非お祈りください。
ピークンとピアノ
JUGEMテーマ:タイ

"門よ あけ"ミニストリー | チェンライ | 16:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

ある感謝な日曜日

今週の日曜日は同じフラットに住む元宣教師のシャビーさん(スペイン人)
のご夫婦とフェローシップの時を持ちました。ご夫人はタイの方です。
朝は一緒に英語とタイ語のバイリンガル教会、バーン・アティタン・チャーチ
(祈りの家教会)にて礼拝を守りました。
なんとここもチェンライでは珍しいパーパスドリブンチャーチだったので、
聖書キリスト教会を彷彿させるものがあり、ちょっと懐かしかったです。
シャビーさんと1
礼拝の帰り、家のマツダが故障するなどトラブルがありましたが、無事家に
辿り着くことができました。
また、今日はシャビーさんの誕生日だったので、ご夫人が料理を作って下さり、
家でみんなで頂きました。アロイ!(おいしい)でした。
コップン プラッチャウ!(主に感謝)
シャビーさんと2
JUGEMテーマ:タイ

"門よ あけ"ミニストリー | チェンライ | 22:29 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

里子寮にてBBQ

今日は若竹の何人かの里子たちとBBQを頂きました。
里子たちは寮での一仕事(キッチン作り)を終え、ほっと一息。
学校も夏休みに入り、これから村に帰るというリラックスモードです。
若竹にてBBQ1
三本指のものをありますが、なかなか美味しいかったです。
これといったスパイスはなかったのですが、塩と胡椒で上手く味付けしていました。
若竹にてBBQ2
JUGEMテーマ:タイ
"門よ あけ"ミニストリー | チェンライ | 23:09 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

韓国、中国のクリスチャンとの交流

ジョンさんとシャンメイ
息子と同じ学校に通うダニエルくんの両親であるジョン宣教師とシャンメイさん
二人とも韓国の方ですが、チェンライの中国人教会でご奉仕されています。
最近、中国語が通じる宣教師同士ということで、家族ぐるみで仲良くなり、
この日はジョンさん宅で盛大な韓国料理を御馳走になりました。マシソヨ!
イルエ教会
その翌日はジョン宣教師の奉仕されているイルエ教会の礼拝に参加しました。
R大学の近くにあり、中国の留学生や中国語ができる少数民族、タイ人の若者
などが集う元気な教会でした。タイ語と中国語のバイリンガル礼拝でした。
イルエ教会での愛餐
礼拝後はみんなで中国料理を食べながらフェローシップの時間です。
牧師さんは中国雲南省出身ですが、台湾の基隆にある神学校を卒業された方で、
私も台北にいたという話から、台湾の話で盛り上がりました。また香港人や
アカ族の人もいて、更に話が弾み楽しい一時が過ごせて感謝でした。
国家間の問題は色々センシティブな時期でもありますが、クリスチャンの国籍は
天にあるので、そんなことで喧嘩はしません。国と国同士が利益を追求する
あまり、些細なことで争いになるのだと思います。
ジョン宣教師もこのように話していました。
「雖然我們国家因領土問題而正在爭吵,但我們基督徒之間沒有這回事」
訳すと:
「私たちの国は現在領土問題で争っていますが、クリスチャンの間では
そのようなことはありません」
JUGEMテーマ:タイ
"門よ あけ"ミニストリー | チェンライ | 21:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

そして午後は英語のクリスマス礼拝。。

英語クリスマス礼拝1
日曜日の午後は、隔週にて英語のフェローシップに参加しています。
今日はクリスマス礼拝(キャンドルサービス)が行われました。
チェンライ在住の宣教師やクリスチャンボランティアラーが多く集っており、
アカ語もタイ語も分からない私たちには感謝なフェローシップです。
現在インターに通う息子も、今日はクリスマスキャロルを楽しそうに賛美
していました。写真は子供達のクリスマス劇の様子です。
英語クリスマス礼拝2
東方の三人の博士らが、星に導かれて赤子のイエスを訪ねに行くところ。
英語クリスマス礼拝3
キャンドルを持った手が半袖なところを見ると、やはり、ここはタイなんだ
と感じさせますね。。Merry Thai Christmas!
JUGEMテーマ:タイ
"門よ あけ"ミニストリー | チェンライ | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

クリスマス集会@アメイ村 その1

アメイ村1
22日夜、北タイ山岳地域メーサロンの近くにあるアカ族の村アメイ村にて、
クリスマス集会が行われました。
里子たちのバンドと一緒にトラックに乗って、チェンライ市から1時間半ほど。
PA、ステージセッティングの手伝いと、キーボードで里子バンドに参加です。
セッティングが終わりほっと一息、まだ明るいですが夕食の時間になりました。
みんな、夜のパフォーマンスに備えてガッツリ食べます。

アメイ村2
これが今夜の御馳走です。椎茸の野菜炒め、ビーフン、アカ風味の鶏肉、筍、
スパイシー豚ミンチ、アカ式トマトスープ、そして、カオニャオ(餅米)です。

アメイ村3
カオニャオ(餅米)は葉っぱに包まれています。
お椀は使いません。葉っぱがお皿です。
今日は人数が多いので、立食でした。

JUGEMテーマ:タイ

"門よ あけ"ミニストリー | チェンライ | 19:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

初の日本語集会@チェンライアカ教会

日本語賛美&バイブルタイム
日曜午後13時から、チェンライアカ教会にて
初の日本語での集会を試みました。ハレルヤ!
と言っても日本人は私たち家族の3人だけで、
あとは、日本語に特に興味のあるアカ族の若者たちです。
日本語で賛美をした後、簡単なバイブルタイムがあります。
コミュニケーションが非常に難しいので、プロジェクターをうまく使います。
ローマ字表記の日本語をパワポで映し出して、彼らが読めるようにします。
賛美は私がピアノでリード、何度か皆に繰り返し練習で歌ってもらいます。
合間に日本語の賛美の意味を英語で話し、それを日本語と英語が少しできる
ピー君がタイ語に通訳するという流れです。
バイブルタイムは、廣恵先生が日本語と英語で話します。そして、ピー君が
予めタイ語に訳してあった原稿を見ながら、タイ語に通訳をします。
3ヶ国語のすごい試みですが、私たちにとって大きなチャレンジであり、
とてもやりがいがあります。
しかし、問題はピー君がいないとこの集会は成り立たないということと、
集会の準備が半端なく大変だということです。
ひとまず、隔週かまたは月1くらいで始めていければと思っていますが、
御心ならば続けられますようにお祈りください。

JUGEMテーマ:タイ
"門よ あけ"ミニストリー | チェンライ | 15:45 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

チェンライにて中国語教室

中国語クラス2
友人の教会(チェンライ永生佈道所)が運営する中国語クラス。
日本から来た母子も、アカ族の子供達と一緒に参加することになりました。
幼稚園クラス(初級)なので、少し出来る息子には少し簡単すぎたようでしたが、
友達もできて楽しそうです。

中国語クラス1
中級クラスの様子です。
この中国語教室に来ている生徒ほとんどがチェンライ市内に住むアカ族です。
毎日月曜から金曜まで、時間は夕方5時半から7時まで、学校の後もみっちり
勉強します。このような教室に高校まで通い続けた生徒は、普通に台湾や
中国の大学に入れるほどのレベルになっているという話です。
金曜日は特別で、中国語のバイブルクラスです。
中国語の賛美や、中国語で聖書を勉強します。
私も先生が忙しい時など、たまに代行でクラスを受け持つことがあります。

JUGEMテーマ:タイ
"門よ あけ"ミニストリー | チェンライ | 23:30 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |

アカ族の友人の教会へ(母の日にて)

永生布道所1
ここは「チェンライ永生布佈道所」というアカ族の教会です。
アカ族の牧師の張先生(中国名)は香港人女性と結婚して、この地で一緒に
教会を開拓、牧会しています。1年前に市内からこの場所に引っ越して来ました。
ご夫人も、香港とは全く違うアカ文化の中での生活、苦労も多いようですが、
ご主人の働きに全面協力し、神様に祈り求め、頑張っています。

永生布道所2
今日のゲストの先生はとても元気がよく、賛美のリードも上手で、
子供も若者たちも、とても楽しそうでした。
彼の奥さんはアカ族の歌手だそうです。

永生布道所3
CS(教会学校)は、今日は母の日だったので、みんなでお母さんの絵を描いて、
プレゼントしました。牧師夫人のウェンディーさんが教えています。
彼女は一児の母で、二歳のマーシーという女の子がいます。
夫人は3年前、香港から来ましたが、タイ語がとても上手です。
ホワイトボードに「母の日」と中国語で書いているところです。

JUGEMテーマ:タイ

"門よ あけ"ミニストリー | チェンライ | 20:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
2/3PAGES | << >> |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--